俺が購入した製品の人道的および情勢的煽りを考えることを二度と意識してきました。

俺はユニバーシティをめぐって自分のオーダーを通してから、俺が購入した物の人道的および状況的反映を考えることをもう一度意識してきました。たとえば、俺が混乱する根拠の1つは、外国からの野菜がいなかで生産されている産物よりもオトク理由です。答弁は、海外のスタッフは、英国におけるほどには給与が支払われておらず、会社にはスタッフが安く運べるということです。私たちは外国から野菜を購入するのはばかげているのですが、俺は頻度マイルほど離れたところで生産されたものを買うことができます。地元の菜食主義奴から大部分の野菜を購入していらっしゃる。

デパートに入ることは、俺にとって二度と困難です。人道的で環境に暖かい物だけを購入することは随時ダメと感じます。しかし、投機条件の洗練と持続可能性の育生を目指す公正運用物がいくつかあります。連中は多くのデパートで利用可能であり、利用可能な公正運用物の野原は、公正運用になることができるのはコーヒーやチョコレートだけではないということを俺に再度理解させました。公正運用の綿花、花、ジュース、フルーツ、スウィーツ、クーキー、蜂蜜、ビール、ワインを手に入れることができます。しかし、公正運用物は、ほとんどの仕事場ではあんまり一般的ではない結果、突き止めるのがしんどいことがあります。公正運用の代わりがない場合は、環境に役に立つものを選択します。環境に手厚いものがなければ、俺はひときわ割高商品を選ぶ。なぜなら、割高商品を並べる事ほど利得が上がらないからだ。俺は、利得がスタッフと公平に分かち合っているとは思っていません。そして、グングン割高物を購入すれば、会社は拡大することができます。http://www.hondentrimsalonmargot.nl/